Entry

平成26年度 函南バスケットボーイズの取り組み

 スポーツを通じて、子どもたちの実生活に充実感と達成感を体験してもらう活動として「函南バスケットボーイズ」の取り組みがあります。

 毎月2回程度、体育館を利用して、バスケットボールの練習を実施しています。バスケットボールが好きな中学生が集まり、練習やゲームを通じてバスケットボール技術の習得やミニゲームでの達成感を体験できます。

◎ 函南バスケットボーイズ バスケBAKA http://izunokuni.net/basket/

◎ はじまりは「まず1勝」からスタート

 静岡県伊豆半島の付け根にある函南町の函南中学校。そこで活動している男子バスケットボール部は、ミニバスケットボール経験者も少なく、中学校からバスケットボールを始めた初心者の部でした。周囲の中学校との練習試合でも大差で負け続けていました。練習も部活の限られた時間しかなく、周辺にバスケットボールの練習をする場所もありません。そのため有料で屋外の練習場を借りて練習する子も多く、屋外故にけがをする子も多くいました。
 なかなか勝つことができない子どもたちを見ていた保護者のみなさん、練習試合のときに子どもたちを会場まで送り届けながら、練習がもっとできないか、この子たちにまず1勝させたいという気持ちをお互いに確かめることができました。

◎ 体育館での練習をスタート

 故障者が多いこともあり、顧問の先生から屋外での練習をしないようにと通知がありました。そこで子どもたちが練習できる体育館を探すことから始め、町の体育館を借りることができました。町体育館での練習がスタートしました。
ファイル 122-1.png

◎ 練習の成果は少しずつ

 町体育館での練習は、平成25年12月からスタート。毎月2回程度開催されます。練習のたびに参加する中学生も増えてきました。また卒業生も練習に顔を出してアドバイスをもらうことができました。練習は雨が降る中、雪の降る中でも継続し、子どもたちも練習を欠かさないようになりました。そしてその成果は練習試合などで発揮されるようになってきます。

◎ 試合でも成果が出せることの裏付けは、練習にあること

 大差で負けていたチームは、26年春には他チームと競るほどに実力をつけ、連取試合でも結果をだしていくことになりました。そして春季大会では目標である「1勝」を勝ち取ることができました。このときの喜びを子どもたちと共有することができたことは親にとってもうれしいことです。そしてこのときに次の目標である「勝つチーム作り」がはじまりました。
ファイル 122-2.jpg

◎ 強い相手に勝つこと

 練習が強いチームを作ること、それぞれの役割を全力でがんばること、これらを意識して取り組むことができました。このことが子どもたちを成長させ、保護者もその姿を目にすることができたと思います。

◎ 感謝と後継者を育てる

 この夏、函南中学校男子バスケットボール部の3年生は引退しました。現在は受験勉強に全力で取り組んでいます。それとともに子どもたちは協力いただいた地域のみなさんへの感謝と次の学生への後継の育成に取り組んでいます。自分たちができなかった「夢」を次に託す。このことがさらに子どもたちの実生活を豊かにしていくのではないでしょうか。
ファイル 122-3.jpg

アウトメディアについて

静岡パソコンサポートアクティビティでは、子どもたちが安全にインターネットなど活用できるネット社会を目指した活動を実施しています。

◎ 子どもたちの生活の中にあるメディア

 ここ数年間で、テレビは地上デジタル放送になり、ケータイ電話はスマートフォン、パソコンもタブレットが登場するなど私たちの生活の中の情報端末は大きく変わってきました。

 情報端末の移り変わりとともに、インターネットで利用できるサービスも拡大してきました。今では買い物や銀行もインターネットを活用する時代になっています。

 この変化は私たちの生活様式を変えるとともに、子どもたちの生活にも大きな影響を与えています。子どもたちはスマートフォンや音楽プレイヤーなどの情報端末を使い、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を使い、お互いのコミュニケーションを図ります。ゲームもテレビゲームからオンラインゲームに変わりました。

 子どもたちの生活の中で、これら情報端末は欠かせない存在になってきたのです。

◎ 情報端末の普及とトラブルの増加

 情報端末を利用していつでもどこでもコミュニケーションを図る便利さとともに、そこにかかわるトラブルも増加しています。相手を偽ったり、個人情報を流出・公開させたり、面白半分、興味本位で情報を流したり、ソーシャルネットワーキングサービスで仲間はずれにしたり、子どもたちが引き起こすトラブルは後をたちません。
 最近では、情報端末やソーシャルネットワーキングサービスへの依存性が高まり、睡眠時間不足や家庭学習時間の不足など日常生活に支障がでる子どもの少なくありません。

◎ なぜ、トラブルが絶えないのか。

 なぜ、子どもたちのトラブルが増えていくのでしょうか。その原因は、インターネットやサービス提供者、情報端末に問題があるのではなく、利用する側に問題があります。
 子どもを含めて利用者が、適切な情報端末との付き合い方や情報管理、情報発信の方法を身に着けていないことからトラブルが発生しています。
 そして、私たち大人の世代を含めて、今の子どもたちは適切なメディアとの付き合い方を学習する機会がありません。

◎ メディアとの距離感、情報を管理する力を養うこと

 その意味で、これからの教育に「情報教育」は必須であると提言します。大量な情報から必要で正確な情報を選択する能力、個人情報の管理、適切な情報発信の方法、生活の中でメディアとの距離感など、これから安心して生活をするための情報教育は重要です。

◎ メディアを通さない日常を見る時間を作る(アウトメディア)

 私たちの日常は、実生活の中で時間の経過とともに過ぎていきます。この流れは、時間の経過やその人の場所、だれといるのか、どんなことをしているのか、など要素で成り立ち、その継続した流れを「人生」と呼びます。

 人生はインターネットの中ではなく、実生活の時間の流れとともに経過していくものであることを再認識するときが、今の子どもたちに必要です。いくらオンラインゲームで優秀な成績を上げていても、実生活の学習や運動などで成績を上げることに結びつきません。

 静岡パソコンサポートアクティビティでは、子どもたちの実生活の中で達成感を感じることが人生の充実感につながり、子どもたちとメディアの正しい距離感を作り上げるのではとアウトメディアの取り組みを始めています。
 

黄色いレシートキャンペーンに参加しています

ファイル 48-1.jpg

 静岡パソコンサポートアクティビティは、イオングループが実施しています「黄色いレシートキャンペーン」に参加しています。

 キャンペーンで得た資材について、静岡パソコンサポートアクティビティの事業に活用させていただいています。

 ・ パソコン・インターネット相談支援にかかわる事業
 ・ 高齢者・障がい者・児童及び保護者の安全にインターネット等を活用する事業
 ・ その他

 静岡パソコンサポートアクティビティでは、企業の皆様とも協働、連携しながら、事業を推進します。

▼AEON イオン 環境・社会貢献活動▼
http://www.aeon.info/environment/social/aeonday/yellow_receipt.html

NPO交流会IN伊豆の国市に参加しました

ファイル 29-1.jpg

NPO交流会IN伊豆の国市(主催 静岡県東部パレット)に
参加しました。

◎期日 1月23日(水)午後1時30分~

◎会場 韮山時代劇場 映像ホール

市内のNPO法人等の代表者らが集まり情報交換をしました。

●お正月企画● 今年1年の運勢は?おみくじ

 新年の運勢を占うあみだくじをプログラムしました。
 
 ぜひチャレンジしてみてください!!

↓↓↓「あみだくじをひいてみる」をクリック!↓↓↓↓



↓↓↓「コンピューター対戦オセロ」も楽しめます!↓↓↓
http://www.izunokuni.net/othello/othello.cgi

年賀状づくりサポート講座を実施しました

年賀状づくりサポート講座実施しました!

期日:平成24年12月23日(日) 午後1時~6時
会場:静岡パソコンサポートアクティビティ伊豆長岡教室
   (伊豆の国市南條776-1ヒルズロビン202号室)
参加者:5名

時間をずらして対応しましたので、マンツーマンで作成することが
できました。

参加されたみなさん、お疲れ様でした。
(差し入れをありがとうございました。)

では、みなさま、よい年末をお過ごしください。

続きを読む

サマーショートボランティアに協力します

静岡パソコンサポートアクティビティ(以下SPSA)は、サマーシートボランティア(静岡県ボランティア協会)に協力しています。

●サマーショートボランティア受け入れ

 高校生、大学生を対象に、夏休みの期間中に高齢者対象パソコン講座などにサポーターとしてお手伝いいただきます。

●サマーショートボランティアについて
静岡県ボランティア協会のホームページを参照ください。

静岡県ボランティア協会


Page

  • Newer
  • Older

Utility